トピックス

<熱中症>

熱中症とは、高温環境下でエネルギー消費量の多い労働や運動をしている時、熱放散が不十分なために体内に熱がうっ積して起こります。
また、太陽の直射による場合を、日射病と呼びます。
 
主な症状

体温の異常上昇(直腸温で40度C以上)、全身的な発汗停止とそれによる乾熱皮膚、めまい、悪心(おしん)、嘔(おう)吐、強い頭痛、精神錯乱、昏睡、反射の低下、筋痙攣などの精神や中枢神経障害の症状が現れます。
医学的には治療方針をたてる上で、暑熱障害、熱症として、以下の3つの病態に分類されます。

【熱痙攣】(heat cramps)
四肢や腹筋などに痛みをともなった痙攣、数秒程度の失神

【熱疲労】(heat exhaustion)
めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感(頭痛)、失神、吐き気、嘔吐などのいくつかの症状が重なり合って起こります

【熱射病】(heat stroke)
意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック症状などが、熱疲労の症状に重なり合って起こります

熱中症になったら

涼しい所に移し、衣服をゆるめ、意識があれば食塩水を飲ませる。食塩の含まない水を摂取すると【熱痙攣】(heat cramps)になりやすいので注意が必要です。
※必ず医師の治療を受けること
 
予防法

■夏に暑い屋外に出るときには、熱を発散させるために薄着をして、直射日光を避けるために帽子を着用します。
■こまめに冷たいスポーツ飲料または一つまみの塩を加えたお茶などを補給します。
■スポーツを開始する前にも水分を補給します。
■風邪や二日酔いの時には熱中症にかかりやすくなるので注意をします。
■高齢者や、こども、肥満、心臓疾患や糖尿病の人、利尿薬を服用している人なども、熱中症にかかりやすいので注意が必要です。