トピックス

<冬のドライブチェックポイント>

冬の雪道走行など、冬場特有の突発的なトラブルに遭遇しないよう又、遭遇しても「備えあれば憂い無し」大事に至らず無難に乗り切るにはどうするか、車と雪に関する情報をお届けします。

 「雪道走行の注意点」

不凍液(LLC)・バッテリーの量と濃度・ウインドウォッシャー液のチェックを。
不凍液(LLC)の濃度が薄くなると冷却水が凍りやすくなります。不幸にも冷却水が凍結するとエンジン部品に亀裂などを生じ大きなトラブルに発展します。
バッテリーが弱っていると感じたら充電、又は交換しておきましょう。
雪道走行では泥水にまみれて走ることが多く、車が泥で真っ黒になることも・・      
当然ウインドウォッシャー液も多量に使います。
出発前に量と、濃度の確認を 特に冬場は濃い目にしておきましょう。

タイヤチェーン・ブースターケーブル・牽引ロープ・三角停止板など用意しましょう。

雪道走行で意外と役に立つあると便利な物。
懐中電灯・ゴム手袋・霜取り・鍵穴解氷スプレー
懐中電灯は、雪道・山道には街灯が少なく、いざという時に役に立ちます。
ゴム手袋は、寒冷地でのタイヤチェーン等の作業の必需品。
霜取り・鍵穴解氷スプレーがあれば、凍結しても困らない。

荷物は車の重量が前後均等になるように。
前輪駆動車(FF車)のトランクに重い荷物を積むと運転者一人乗車の場合、駆動輪の前輪に適切な荷重が掛からずタイヤの性能が充分に発揮できなくなります。
重い荷物はできるだけ車の中心近くに積むよう積載時の配慮が必要でしょう。

靴の汚れとウインドウの汚れは、きれいにしてから出発を。
靴の汚れで、ペダルが滑り踏み外しの原因になります。

給油は早めに、多めにしましょう。
山に入るとガソリンスタンドは少なくなります。また渋滞に巻き込まれる事もあります。