トピックス

暑い季節、食中毒にはくれぐれもご注意!

  梅雨が明ければ夏本番ですが、暑い日が続けばつい冷たい物を飲み過ぎ体調を
  崩しやすくなります。それと恐いのが食中毒です。夏場は食中毒が多発しやす
  い時期です。

  腸管出血性大腸菌O−157などによる食中毒は、飲食店だけでなく家庭の
  食事でも発生します。

  以下の6つのポイントに十分注意し、ご家庭で食中毒を予防しましょう。

  【
家庭でできる食中毒予防 6つのポイント

   1.買うときは新鮮なものを
    肉・魚・野菜などの生鮮食品は新鮮なものを。加工食品は期限表示を確
    認して。

   2.冷蔵庫は詰め込みすぎない
    冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は−15℃以下で保管しましょう。
  
   3.下ごしらえ後の手は洗浄・消毒
    生の肉や魚、卵を扱った後はそのつど手や調理器具などを洗浄消毒しま
    しょう。

   4.十分に加熱して
    調理は手早く。加熱が必要な食品は中心温度75℃以上で1分以上の加
    熱を。

   5.調理ができたらすぐ食べる
    調理が終わったらできるだけ早く食べましょう。
        例えば、O−157は室温でも15〜20分で2倍に増えます。
    
   6.残ったらすばやく冷蔵・冷凍保管
    残った食品はすばやく冷まして冷蔵・冷凍保管を。
    残った食品を温め直すときも75℃で1分以上です。みそ汁やスープは
        沸騰するまで加熱しましょう。